平石貴樹の通販在庫

            

松谷警部と三鷹の石 (創元推理文庫)

価格:2,700円 新品の出品: 中古品の出品:6,963円
コレクター商品の出品:3,980円
カスタマーレビュー
ど真ん中の本格ミステリ、好評シリーズ第2作。三鷹の堀越俊介殺害事件は無理心中の様相を呈し、松谷警部も当初捜査が難航するとは考えなかった。しかし白石巡査は納得しない。堀越の本命らしき女性の線から、次第に河口湖とカーリングに絡む諸々の事情が判明。堀越は長野オリンピック有力候補の木屋沢を事故に巻き込み、将来の芽を摘んでいた。カーリング場開設とクラブ結成の話が持ち上がった際に木屋沢はコーチに招かれ、土建屋&スポーツ用品店主の兄弟が一儲け企み……事実を積み上げても明確な方向性は見えなかったが、地道に聞き込みを続けた白石巡査はついに真相を看破する。本格ミステリ道まっしぐら、『松谷警部と目黒の雨』に続くシリーズ第二作。解説=福井健太
響きと怒り (上) (岩波文庫)

価格:1,048円 新品の出品:1,048円 中古品の出品:497円
コレクター商品の出品:5,880円
カスタマーレビュー
斬新な語りの手法と構成で、新しい文学表現に挑んだフォークナー(一八九七‐一九六二)の最初の代表作。語り手たちの内的世界のかなたに、アメリカ南部を舞台とした兄弟たちの愛と喪失の物語が浮かびあがる。フォークナー自身この作品をもっとも深く愛した。
松谷警部と三鷹の石 (創元推理文庫)

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:412円
コレクター商品の出品:150円
カスタマーレビュー
無理心中と思われた三鷹のスポーツライター殺害事件から浮かび上がった、河口湖とカーリングに絡む不可解な事実。白石巡査がついに看破した真相とは。好評シリーズ第2作。
松谷警部と向島の血 (創元推理文庫)

価格:1,080円 新品の出品:1,080円 中古品の出品:576円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー
これが現職最後の担当事件か??松谷警部が駆けつけた現場は両国国技館から歩いて行ける距離にあった。被害者の十両力士は胸部を刺されており、傍らに「コノ者、相撲道ニ悖ル」と印刷された紙片が。捜査が進むなか先輩格の力士が相次いで殺害され、同じメッセージが残っていた。狭い社会の出来事で関係者も限られるが、三件全部にアリバイのない者はおらず、動機やメッセージの真意も定かではない。迫る定年の日。苦心惨憺の末、白石巡査部長が真相に至ったのは、実に松谷警部の退職二日前だった! 特別ゲストが警部の退職に花を添えるシリーズ完結編。解説=神命明
松谷警部と向島の血 (創元推理文庫)

価格:3,240円 新品の出品: 中古品の出品:1,166円
コレクター商品の出品:3,150円
カスタマーレビュー
現職最後の事件で警部は花道を飾れるかシリーズ完結編これが現職最後の担当事件か──松谷警部が駆けつけた現場は両国国技館から歩いて行ける距離にあった。被害者は五稜郭光夫、渡島部屋の十両力士だという。胸部を刺されており、傍らに「コノ者、相撲道ニ悖ル」と印刷された紙片が。やがて先輩格の鴎島、葛灘が相次いで殺害され、同じメッセージが残っていた。狭い社会だけに関係者は限られるが、三件全部にアリバイがない者はおらず、動機やメッセージの真意も定かではない。苦心惨憺の末、白石巡査部長が真相に至ったのは、実に警部の退職二日前だった!解説=神命明
響きと怒り (下) (岩波文庫)

価格:842円 新品の出品:842円 中古品の出品:419円
コレクター商品の出品:1,843円
カスタマーレビュー
コンプソン家の現在を描き、物語にいっそうの奥行きを与える後半。「奇蹟が起きた」と言われるこの作品の成立によって、フォークナー独自の創造世界は大きく開花し、世界の文学に幅広く影響を与えた。のちに書かれた「付録」も収録。
アメリカ―文学史・文化史の展望

価格:3,888円 新品の出品:3,888円 中古品の出品:1,499円
コレクター商品の出品:1,249円
カスタマーレビュー
アメリカ文学・文化研究における最重要トピックを選び抜いた、待望の“定番”登場!アメリカ研究の伝統を重んじながら、ここにいま新しいアメリカ像を送り出す。
白戸修の逃亡 (双葉文庫)

価格:3,024円 新品の出品: 中古品の出品:1,749円
コレクター商品の出品:2,031円
カスタマーレビュー
爆破予告の犯人「松崎」に間違えられ、多くの人に追われることになった白戸修。しかし、行く先々で過去に事件で関わった人たちが救いの手をさしのべてくれる。果たして彼は「白戸」に戻れるのか!?長編ミステリー!
アメリカ文学史

価格:1,512円 新品の出品:16,629円 中古品の出品:5,523円
コレクター商品の出品:480円
カスタマーレビュー
「近代的自我」の変遷をたどりながら、アメリカ文学の見取り図を描き、「文学史とは何か」「小説の評価とは何か」を問うた書き下ろし1500枚。
松谷警部と目黒の雨 (創元推理文庫)

価格:1,350円 新品の出品: 中古品の出品:671円
コレクター商品の出品:790円
カスタマーレビュー
犯人当ての妙味に富んだ本格ミステリ。目黒本町のマンションで殺害された小西のぞみの身辺を調べていくと、武蔵学院大学アメフト部「ボアーズ」との関連が浮上、更にはボアーズの仲間内でこの5年に複数の変死者が出ていると判明した。これらは?がっているのか。松谷警部は白石巡査らと捜査に当たるが、のぞみの事件についてボアーズ関係者のアリバイはほぼ成立し、動機らしきものも見当たらない。過去の事件は不可解な点を残しながらも既決事項となっている。白石巡査は「動機は後回し」と地道に捜査を進め、ついに犯人がわかったと宣言。松谷の自宅で清酒「浦霞」を傾けながら、白石の謎解きが始まる。解説=村上貴史

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  螟ァ螳ョ閾ェ蜍戊サ頑蕗鄙呈園  譚ア莠ャ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧サ繝  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 蠎蟲カ  繧ソ繧、繝、 繧ケ繝医Μ繝シ繝 豼螳  迺ー蠅繝繧ッ繝弱Ο繧ク繝シ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧キ繝」繝シ繧ッ繝溘Λ繝シ  繝帙シ繝繧サ繝ウ繧ソ繝シ  菫晁ご 螟ァ蟄ヲ  繝医Μ繝励Ν繧ィ繝シ謚戊ウ鬘ァ蝠上隧募愛  繧ソ繧、繝、 蜿悶j莉倥¢ 譯カ蟾晏ク  蜷咲ーソ螻